大阪で話題の美容専門学校
2019年5月6日

大阪のメイク専門学校はインターンシップがある

メイクアップアーティストの職業は女性だけでなく、男性をも美しくして輝かせています。

芸能界やファッション業界はもちろんのこと、ブライダル業界にも欠かすことが出来ず幅広く活躍できる職業といえるでしょう。日本では1990年代から裏方であったメイクアップアーティストたちが表舞台に立ち始め、プロの化粧方法や美容方法を一般に広める宣教師的な存在で人気を得ています。メイクアップアーティストになるためには、まずはメイク専門学校に通う必要があります。

全国各地に数多くの専門学校がありますが、カリキュラム内容や卒業後の進路には大きな違いがあるので進学する時はよく吟味をすることが大切です。大阪にある計45校の専門学校では、2年間の在籍期間中に「インターンシップ」と呼ばれる実地講義を実施しているところがほとんどです。このインターンシップとは、学生が実際にスタジオやブライダルホールなどに赴いてアシスタントとして業務をこなすことを指します。

なぜ大阪の専門学校のほとんどがこのインターンシップを採用しているのかというと、人材需要が多いというのが理由にあげられます。また大都市なので数多くの対象施設もあり、広く学生を受け入れられるというのもあります。学校内だけの講義では基礎知識と技術を学ぶには申し分ありませんが、プロが実際に働いている姿をそばで見られるというのは今後の進路を決めるうえでとても大切な経験になるでしょう。メイクアップアーティストになる勉強をするなら、大阪は学生にとって良き土地といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *